入試情報
鈴鹿工業高等専門学校 - 創造力豊かな国際社会に通用するエンジニアを育成 > 入学者受け入れ方針

入学者受け入れ方針

本校では、以下のような入学生を選抜します。

学科

1. 求める入学志願者像
 ・ 中学における学習内容をしっかりと理解している人
 ・ 数学や理科に興味を持ち,科学の発展に夢を持っている人
 ・ 何事にも積極的に挑戦する意欲があり,自ら進んで学習できる人
 ・ 他人を思いやり,協調していける人

2. 入学者選抜方針及び選抜の方法
 本校では,「世界に羽ばたく創造的エンジニア」の育成を目的とし,その高い可能性を持った学生の選抜を基本とします。
 入学者の選抜は,多様な人材を選抜するため,「推薦による選抜」と「学力による選抜」及び「帰国子女特別選抜」を行います。
 推薦選抜においては,中学校における成績を評価するとともに,自然科学や科学技術に対する興味,工学を学ぶ意欲,生徒会活動・課外活 動・ボランティア活動などの経験を通して育まれた協調性,コミュニケーション能力やリーダーシップ能力などを,面接結果を含め総合的に評  価し,知徳体にバランスのとれた学生を選抜します。
 学力選抜においては,実践的・創造的技術者教育に必要な一般科目と専門科目を十分理解できる学生を選抜するため,その基礎となる学力 の試験及び調査書の合計点を評価して選抜します。帰国子女特別選抜においては,作文と面接も評価して選抜します。

第4学年編入学

1. 求める入学志願者像
 ・ 科学技術に興味を持ち,その発展に夢を抱く人
 ・ 工学を学ぶ上で基礎となる知識を身につけている人
 ・ 何事にも積極的に挑戦する意欲があり,継続的に自己学習できる人
 ・ 論理的に物事を考えることができる人
 ・ コミュニケーション能力と協調性を身につけている人

2. 入学者選抜方針
 本校では,「世界に羽ばたく創造的エンジニア」の育成を目的とし,その高い可能性を持った学生の選抜を基本とします。
 入学者の選抜は,筆記試験及び面接の結果を総合して行います。
 筆記試験においては,実践的・創造的技術者教育に必要な科目を十分理解できる学生を選抜するため,基礎となる英語,数学,学科個別科 目の試験を行います。学科個別科目については,工業系高校,普通高校を含めた各課程の学生に対応するため,学科別専門科目と物理・化 学・生物からの選択制になっています。
 面接においては,科学技術や工学を学ぶ意欲,適性を総合的に評価します。

留学生

1. 求める入学志願者像
 ・ 科学技術に興味を持ち,その発展に夢を抱く人
 ・ 工学を学ぶ上で基礎となる知識を身につけている人
 ・ 何事にも積極的に挑戦する意欲があり,継続的に自己学習できる人
 ・ 論理的に物事を考えることができる人
 ・ 日本語と日本文化に興味と関心を抱く人

2. 入学者選抜方針
 留学生の入学については、日本学生支援機構で実施される日本留学試験(理科(物理・化学・生物)・数学)および日本語能力試験(読解・聴 読解・記述)の結果と、面接試験で評価されるコミュニケーション能力や学習意欲の評価結果から推薦を受けた留学生について、科学技術へ  の興味、工学を学ぶ上での基礎知識、何事にも積極的に挑戦する意欲と継続的な自己学習能力、論理的な思考能力を有し、日本語や日本文 化に興味と関心を持つ学生であるとして入学を受け入れます。

専攻科

1. 求める志願者像
 ・ 科学技術の発展に寄与する意欲のある人
 ・ 自らの向上をめざして継続的に自己学習を行う意欲・適性のある人
 ・ 論理的に物事を考える適性を持つ人
 ・ 豊かな想像力を持ち,何事にも積極的に挑戦する意欲・適性のある人
 ・ 広い視野を持ち,将来,国際社会で活躍する意欲・適性のある人

2. 入学者選抜方針
 本校専攻科では,科学技術の分野でクロ-バルに活躍できる実践的技術者の育成を目的とし,専攻科修了時にこの目的を達成できる高い  可能性をもつ学生の選抜を基本とします。
 このため,学校長等の推薦による選抜及び社会人特別選抜においては,科学技術の発展や国際社会への貢献に向けて継続的に学習しよう とする意欲,論理的思考能力などの適性,専門分野に関する基礎知識などを面接試験により評価し,推薦書(社会人特別選抜の場合は業績  調書)及び調査書の内容と併せて総合評価します。
 学力選抜においては,グローバルに活躍できる実践的技術者となるために必要な基礎的知識をTOEIC(Test of English for International    Communication:TOEIC IPを含む)またはTOEFL(Test of English as a Foreign Language) iBTのスコアと数学の筆記試験により評価し,調査書の内容による意欲,適性,人物及び専門基礎知識の評価と併せて総合評価します。